忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


まるわかり!!個人年金セールスのすべて―このまま使えるプロのテクニック
個人年金セールスのすべて―このまま使えるプロのテクニック まるわかり!!個人年金セールスのすべて―このまま使えるプロのテクニック. 個人年金の仕組みを分かっている人には最適! 個人年金の商品内容・しくみ・メリットなど、一通りの知識がある方には、 ...(続きを読む)

07参院選:公示(その1) 3候補ダッシュ 県都で熱い第一声 /三重
年金に関心−−有権者 高橋候補は、津市の選挙事務所で出陣式を行った後、桑名、四日市市の駅前などで地区出陣式を兼ねて街頭演説。 個人 年金最新情報は・・・オムニバス/TV−Jazz ON TV−CM2 夜には伊賀、名張市内の計3カ所で個人演説会を開催した。 ...(続きを読む)

<社会保険庁>幹部、再就職5割が厚労省公益法人に天下り
個人 年金最新情報は・・・ボズ・スキャッグス/マイ・タイム〜ボズ・スキャッグス・アンソロジー(1969−1 それによると、00〜06年に再就職したのは101人。「財団法人」「社団法人」の公益法人が50人で最も多く、「健康保険組合」と「国民健康 ...(続きを読む)


余命一年の元夫と籍を入れた場合のメリットとデメリット
余命一年の元夫と籍を入れた場合のメリットとデメリット別れた夫との間に二人の子供がいるバツイチ女性です。元夫が病気で余命一年と診断されました。元夫はこれまでの罪滅ぼしも含めて私と子供たちに財産を残したいと言っています。親戚で財産争いがあったことを目の当たりにしていますので、私にもう一度婚姻届を出して籍を入れて欲しいと言っているのですが、デメリットが多そうで躊躇しています。ちなみに主な財産は・生命保険(受取人指定無し)・個人年金保険(夫本人受け取り)・土地家屋血縁者の状況は・元夫の父母健在・元夫の兄弟が2人となっています。①籍を入れた場合、義父母の介護やその他の厄介事など、考えられるデメリットは何でしょうか?②逆に籍を入れない場合、元夫の父母や兄弟が子供たちの相続に合法的に横やりを入れてくるのでしょうか?アドバイスをお願いします。(続きを読む)

余裕資金の運用法(投資信託等)現在、余裕資金が500万ほどあります。ただ預金...
余裕資金の運用法(投資信託等)現在、余裕資金が500万ほどあります。ただ預金していてもつまらないので、運用しようと考えているのですが、何にすればいいのか迷っています。仕事があるし、初心者なのでデイトレードは無理かなと思い、投資信託がいいのかなとは思っています。仕事柄、銀行の勧誘を断ることができないので、銀行の投資信託をいくらかしないといけません。ただ、色々調べると、銀行の投資信託は手数料が高いため、メインは楽天証券等の証券会社でやろうと思っています。実際のところ銀行の投資信託はよくないのでしょうか?また、おすすめの運用方法はありますでしょうか?当方30歳既婚、子供無です。目的としては「貯金よりよければ…」程度の感覚で、できるだけお得な商品を探しています。ただやはり欲もあるので150万ほどはハイリスクハイリターンに使おうと思っています。現在の予定では銀行の薦める信託(変額個人年金アダージオ3WIN) 50万銀行の薦める信託(インド株) 100万普通預金(なにかの時のため) 100万証券会社MMF(MMFでなくてもオススメがあれば…) 200万デイトレード(勉強として) 50万まったくボヤっとした計画です。信託や個人年金は5年~10年の運用を考えています。配当の高い会社の株をまとめて買うというのにも惹かれています。なんだか考えがまとまらなくて申し訳ないのですが、ご忠告をいただければと思います。(続きを読む)

今勤めている会社には社会保険がありません。働ける内は良いのですが、定年後が不...
今勤めている会社には社会保険がありません。働ける内は良いのですが、定年後が不安です。国民年金だけでは生活していけないと思うので、何か良い方法はありますでしょうか?(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カテゴリー
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 個人年金について All Rights Reserved